サイトマップ お問い合わせ
top Page → 刊行物•DVD
大会について刊行物

 

■季刊グループホーム
■テキスト

■マニュアル・Q&A
■報告書
■ビデオ・DVD
■購入・お問合わせ

 

最新刊 Vol.61 特集:こんな暮らしもあるんだよ

 特集にあたって

 

 季刊グループホーム60号の特集「君たちは知っているか!?」では、制度化以前からの小規模な暮らしを実践してこられた関係者や、グループホーム制度設立にかかわってこられた方たちから、どんな思いを込めて制度化をしてきたのか。今感じる課題についてもメッセージに込めていただきました。とりわけ、中澤さんが指摘されたグループホーム制度設立当時の理念である「本人の意思が尊重され、街の中で家族的に暮らしながら、普通の人生を送ってほしい」とする思いは、大規模化・集合化し、複雑化し、制度が根底から崩壊するのではないかとの危機感に悩む日々に、ふと制度の原点を振り返ることができ、決してブレてはいけないのだと心に響きました。
 グループホーム学会運営委員会では、季刊グループホーム60号により理念を確認し、問題点・課題などを明らかにした後が大事ではないか。具体的な方策を探り、その実践を紹介していこうと、季刊グループホーム61号「こんな暮らしもあるんだよ」の特集へと続けることにしました。
 運営委員の限られた情報の中での選択ですが、こんな取り組みがあるのだと、光りのさらに先の希望の光りとなる道筋を照らしたく紹介いたします。
 中澤さんが前号で触れられた、グループホームからサテライトを選んだ暮らしを、本人はどう評価しているのでしょうか。あえてグループホーム制度を使わず、居宅介護の必要量となる支給決定を受けた本人主体の個別的な暮らしとは、どう展開されているのでしょうか。
「共同住宅」「ケア付き住宅」ではどのような暮らしぶりなのでしょうか。グループホーム制度に合わせるのではなく、支援を組み立てた結果がグループホーム制度に行きついたこと。
 そして地域で暮らす主体の本人達による、近所との付き合いや職場やグループホームの、人と人との関係性をどう作ればよいかとの座談会を含め、特集としてお届けします。
 地域で暮らす主体は本人です。地域生活を検証し、評価し、改善していく過程を後回しにしてはいけません。落ち着けた暮らしが終着駅ではなく、落ち着けたからこそ改めて自分の人生を見つめ、希望を抱き、実現に向かおうとするとき、そばに居てもよいと認められる支援者でもありたいと思っています。

vol.61

山田 優 
(福島県被災地における基盤整備事業・総括コーディネーター)


目次はこちら(PDF)

「季刊 グループホーム」の刊行物は、障害者関係専門書店「スペース96」でお求めになれます。
■バックナンバー→→→→ 

 

■テキスト
日本グループホーム学会のテキストをご案内いたします

 
  • 「ワークショップ グループホームでいきいきと」
  • 「グループホームでいきいきとの手引き」
  • 「障害のある子どもの子育て~里親家庭で育んでいくために~」
  • 「スタッフ・世話人のためのグループホーム援助のポイント」 (研修用ハンドブック)
  • 「スタッフ・世話人のためのグループホーム援助のポイント」(研修実施者のための詳細版)
  • 「スタッフ・世話人のためのグループホーム援助のポイント防火版」
  • グループホームの防火心得(在庫切れ)

 

■マニュアル・Q&A

 
  • 「グループホーム設置・運営マニュアル」
  • 「グループホーム防火対策Q&A ~現場からの 疑問に答えます~」

 

■報告書


  • 既存の戸建住宅を活用した小規模グループホーム・ケアホームの防火安全対策の検討
  • 3.11東日本大震災における被災したグループホームに関する調査
  • グループホームにおけるサービス管理責任者のあり方及び育成の研修方法の研究
  • 「火災安全を中心にグループホームにおけるリスクを考える」
  • 「グループホーム(ケアホーム)全国基礎調査」
  • 「障害のある子どもが里親家庭で育つために」
  • グループホームの支援体制をどう作っていくか?
  • グループホームの防火安全対策をどう進めるか!
  • グループホームの評価をする人は入居者本人によく聞いてほしい
  • 障害児の住まいの場のあり方に関する研究報告書
  • グループホームと地域防災新潟県中越沖地震2007報告書
  • 入居者によるグループホーム評価基準の作成に関する研究


 

■DVD
 DVDの購入については、事務局アドレス(info@jgh-gakkai.com)に
 購入したいDVD名と枚数、郵送先の住所、氏名、連絡先を記載し申し込んでください。
 代金に関しては、振込用紙を同封しますので、後日それを使用して振り込んでください。(1,000円+送料)




  • 「入居者本人によく聞いてほしい」
  • 「グループホーム研修に関する研究」成果DVD 『日々是好日』

  ■購入・お問合わせ
 
  • 刊行物の購入・お問合わせはこちらへ